HOME > 車を修理する際に車両保険を使うべきかの判断

車を修理する際に車両保険を使うべきかの判断

交通事故や駐車時の不注意などで、車体に深いキズや大きなヘコミがついた場合、事故車修理または板金塗装が必要です。そんな時に役立つ車両保険ですが、金銭的な負担を軽減するために車両保険を適切に利用する判断は、どのように行えば良いのでしょうか。

車両保険のメリットとは

車両保険のメリットとは

様々なメリットが挙げられますが、事故の大きさやパターンに左右されず、自身の状況をリセットできるという点も車両保険に加入する大きなメリットと言えます。

事故を起こした相手に損害賠償を求めたくても、任意保険に入っていない、もしくは賠償するだけの資力がないため請求できないケースも、実際にある話です。そんな時でも、車両保険に加入していれば過失割合の大きさに関わらず、自動車修理を行ってもらう事ができ、車を現状復帰させられるのです。

また、交渉に関しては保険会社に任せられるので、時間を割く事なくスムーズに処理を進められます。

車両保険を使うか迷った時には

車両保険を使うか迷った時には

自動車修理と車両保険の適用には、等級と免責設定が大きく関係してきます。支払金額を目安にして、車両保険を利用するか実費で支払うかを決めましょう。

一般的な目安は10万円と言われていて、車両保険を適用させる事で10万円を超える実費負担を背負う必要がなくなるのです。ただ、保険の適用に伴い翌年からの保険料が上がりますので、その場の金銭的負担だけでなく様々な角度から見て、しっかりと検討した上で決める事が重要です。

もし、自分で決めるのが難しい場合は、保険会社にサポートしてもらう事もできます。賠償金請求はもちろん、修理代の見積もり安い価格で抑えるための的確なアドバイスも得られます。

広島市や東広島市で車修理の依頼をする際には、ぜひ当店をご利用ください。ボディーについたキズ・ヘコミなどの板金塗装はもちろん、ブレーキやエアコン、ドア・パワーウィンドウ、ヘッドライトなどの幅広い車修理にご対応いたします。経験と実績が豊富な職人スタッフがご要望に合わせた修理を行います。ご要望に応じては中古部品を利用する事も可能ですので、費用を抑えたい方はお気軽にご相談ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせはこちらから