HOME > 長距離運転前のチェック項目

長距離運転前のチェック項目

日常生活の中で長距離運転を行う機会がある場合、安全性を高めるためにも運転前の安全点検を行い、不備のある箇所は自動車整備を徹底する事が大切です。

タイヤ

タイヤ

タイヤが正常に機能してこそ、エンジンやブレーキが正しく作動しますので、長距離運転前にはタイヤの点検・管理を慎重に行いましょう。特に、トレッドは一見溝があるように見えても、実際は内側が削れている事も珍しくありませんので、しっかり内側まで見るのがポイントです。

また、ゴムの劣化に伴いグリップ力も落ちてしまいますので、劣化具合の確認も必要です。そのため、タイヤは5年を目安に履き替えると安心です。

ライト・ランプ類

ライト・ランプ類

ライトやランプ類がきちんと点灯するか、確認しておく必要もあります。運転時間が夜間に食い込むようでしたら、なおさら重要なチェックポイントとなります。行く先の安全性を照らしてくれるヘッドライトはもちろん、ウインカーやブレーキランプ、ポジションランプ、テールランプが切れていないか確かめましょう。

電球切れは自分や周囲の安全運転を妨げるだけでなく、整備不良の対象となり場合によっては違反切符を切られてしまうというデメリットもあります。

冷却水

冷却水の寿命は2年程度と言われているため、車検毎に交換していれば寿命は問題ないのですが、冷却水の水量チェックを行う事は大切です。冷却水不足でエンジンがオーバーヒートしますと、エンジンを故障させてしまいます。また、水路(ウォータージャケット)に対する防錆効果もあるため、不足すると赤サビを発生させて水路を詰まらせてしまいます。

MINレベルまで水位が下がっている場合、補充用の冷却水をMAXレベルまで入れ、自動車整備工場で水量が減る原因を特定させてください。

広島市や東広島市での車整備をお考えの方は、ぜひ当店の車検整備をご利用ください。簡易的な車検ではなく、妥協のない車検を行いお客様へ運転時の安心をご提供いたします。コストを抑えて環境に配慮するため不必要な整備は行わず、直せる部品は修理して使用しています。できるだけ安い価格で自動車整備をご希望の方は、どうぞご相談ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせはこちらから