HOME > 知って得する車検時のチェック項目

知って得する車検時のチェック項目

車検の更新がある年には、整備工場への予約と車検で引っかかりやすい箇所の点検をおすすめします。引っかかりやすいチェック項目を知っていて損はありませんので、車検費用の節約と時短をお考えの方はぜひ参考にしてください。

ライト類の検査

ライト類の検査

ブレーキランプ・ヘッドライト・バックライト・スモールランプ・ウインカーなど灯火装置類の不具合は、外まわり検査で発見されやすいNG項目です。

灯火類はセルフチェックしやすい部分ですので、車検前に全て点灯しているか確認し、整備工場で車検前に交換しておくのがおすすめです。

ブレーキ類の検査

自動車の安全性の確認で特に重視される項目です。パーキングブレーキやフットブレーキの効き・あそびの確認、ブレーキパッドの磨耗具合など、車が確実に停止できるかどうかをチェックします。ブレーキ鳴りやブレーキパッドの減りが2mm以下になっている場合、車検に通らない可能性が高いため、修理・交換が必要になってきます。

排気ガス検査

排気ガス検査

一酸化炭素(CO)と炭化水素(HC)濃度が、基準内におさまっているかどうかを検査する項目です。マフラーのヒビ割れやキャブに違和感がある場合は、車検前に整備点検しておきましょう。

車検前の点検は車検時の費用を抑えるだけでなく、思わぬ車トラブルを起こさないためにも大切です。

この他にもオイル漏れやタイヤの溝が無くなっているなど、規定を外れた不具合が起こっている場合は車検に通らない事があるため、整備工場で修理・部品交換する事をおすすめします。

愛車に違和感があり車検に不安を感じている方は、広島にある当店に修理・車検を任せてみませんか?当店では軽自動車からトラックまで、幅広い自動車の整備・修理・板金塗装・車検といったお悩み全般に対応しています。当店で大事なお車を整備してそのまま車検に通す事も可能ですので、「なるべく安い見積もりで早く車検を終わらせたい」とお考えの方はぜひ、当店までご依頼ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ
お問い合わせはこちらから